東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

生命保険トップ --> 外務員の不当説明

外務員の不当説明

外務員が不当説明したことを理由として、転換や乗換の無効・取消を主張する契約者が多いです。 しかし、無効・取消が認められるほどの不当性がない場合が殆どです。 外務員の不当説明があっても、基本的に、設計書・申込書・保険証券等に重要な保険契約内容は記載されている以上、 それを読んでいなかった・理解していなかった等の弁解は、特段の事由がない限り認められません。
特段の事由とは、外務員が契約の本質に係る重要事項につき虚偽事実を説明しており契約者が誤認したとしても仕方がなかった、 契約者に契約内容記載した書面を交付していなかった、外務員が契約者意向と異なる内容で勝手に契約締結した、等です。
そして、契約の本質に係る重要事項とは、保険金・解約金の金額・支払時期・支払事由、保険料の金額・払込期間等です。 告知義務違反に該当する事項も、その内容によっては、重要事項となります。
又、説明・手続に関して保険業法や金融庁監督指針への違反があるとの主張も多いです。 しかし、保険業法・監督指針等は、保険事業に関する規制でしかなく、個々の保険契約の成否を規定するものではないので、 当該主張で契約の無効・取消を認めさせることは、通常無理です。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com