東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

生命保険トップ --> 転換と乗換

転換・乗換とは何か

乗換とは、既存の生命保険契約を解約し、新しい生命保険契約に加入することを言います。
既存生命保険を解約するのは、新規生命保険への生命保険料支払と並存すると負担が大きくなるためであり、 又、解約返戻金を新規生命保険の生命保険料支払の原資としえるからです。
しかし、既存生命保険で提供していなかった新しい保障を得られるという利点はあるものの、 生命保険を解約するのは、存続する場合に比較し経済的には不利となる場合が多いです。
それにもかかわらず、販売員は募集手数料が得られるため、又生命保険会社も新契約という指標の向上が 得られるため、不利益な乗換を契約者に勧めることが多いという状況がありました。
そこで、不利益な乗換の横行を抑止するという旧大蔵省の要請に従い、 且つ、自社契約者の他社生命保険への乗換を阻止するため及び新契約指標の向上を維持するためと いう本音で、自社の既存契約を解約し、その解約返戻金ではなく責任準備金の一部又は全部を 新しい生命保険契約に移管するという転換制度が生保業界に導入されました。
移管された原資は、新しい生命保険契約の責任準備金に充当され一部一時払と同様にして その後の生命保険料額を軽減するとか、預かり金的に保管して一定期間の生命保険料支払の一部に充当して 実際の生命保険料支払額を軽減するとか、生命保険会社により対応が異なります。
転換制度の導入により乗換は減少しましたが、転換を利用できない他社契約から自社契約へ乗換 させるなど、乗換は現在でも多数存在します。
簡易生命保険の民営化に伴い、多数の簡保販売員が民間生命保険会社に転職し、担当していた簡保契約者を 訪問して転職先の生命保険に乗換えさせるという最近多い事案もその例です。
勿論、乗換は簡保関係のみではありません。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com